風吹ジュンの若い頃がかわいい!結婚して夫と子供が大変!関西弁は?

スポンサーリンク


それでは、さっそく、風吹ジュンさんに
ついて紹介していきたいと思います!
SnapCrab_NoName_2015-12-9_15-6-56_No-00
 
最初に若い頃について!
 
風吹ジュンさんは、お母さん役やお姑さん役
で最近は大活躍ですね(‘ω’)
 
 
 
今は、NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た!」の
お姑さん役で、毎日のように
テレビに出ていますね。
 
 
 
おととしは、NHK大河ドラマ「八重の桜」
のお母さん役、山本佐久の役でしたね。
 
 
 
風吹さんは現在63歳(2015年現在)ということです。
 
 
 
今でも美人ですてきな女優さんですが、
若い頃の風吹ジュンさんは
どんなだったのでしょうか?★☆
SnapCrab_NoName_2015-12-9_15-7-19_No-00
 
画像を見てみると、すごく
すごくかわいいです!!
 
 
ユニチカのマスコットガールだったようですが
肌もきれいだし、目が大きくて
ハーフのような感じでもあります。
SnapCrab_NoName_2015-12-9_15-7-9_No-00
 
若い頃から、素敵だったんですね。
だから、年を重ねても素敵なんですね。
 
 
 
次にかわいいについて!
 
風吹ジュンさんが若い頃から
かわいい!!という噂です。
 
 
 
画像をいろいろ見てみると、本当に
綺麗でかわいくて、いつまでも
見てしまうくらいです(^^)/
SnapCrab_NoName_2015-12-9_15-6-48_No-00
 
風吹さんは、小学生の時に両親が
離婚し、貧しい生活を
してきたんだそうです( ;∀;)
 
 
 
中2の時には、母親が育児放棄し、
お兄さんと京都で暮らしたんだそうです。
 
 
 
そんな大変な時期を乗り越えてきたから、
今の美しさや演技派女優としての
風吹さんがあるのですね。
 
 
 
昔からかわいい!!
ということは、変わりませんね。
 
スポンサーリンク
 
 
次に結婚について!
 
風吹さんは、若い頃は苦労の連続だった
とのことですが、結婚
しているのでしょうか?
 
 
 
調べてみると、1981年、
29歳の時に結婚しています。
 
 
 
お相手は、川添象郎さんと
いう音楽プロデューサーです。
SnapCrab_NoName_2015-12-9_15-8-47_No-00
 
荒井(松任谷)由美さんや、尾崎豊さん
青山テルマさん、YMOなどのプロデュースした
ことがあるそうで、大物音楽
プロデューサーですね(‘ω’)ノ
 
 
 
青山テルマさんの「そばにいるね」
は超有名ですよね(^_-)-☆
SnapCrab_NoName_2015-12-9_15-7-30_No-00
 
でもその結婚は長くは続かず、
離婚という結果になってしまいます。
ですから、風吹さんは、現在は独身です。
 
 
 
次に子供について!
 
風吹さんの元は、音楽プロデューサーの
川添象郎さんですが、2人の間
には2人の子供がいます。
 
 
 
₁男₁女で、上の子供さんは一緒に住んで
いるそうで、下の子供さんは
和光学園に行っているそうです。
SnapCrab_NoName_2015-12-9_15-9-15_No-00
 
風吹さんの元夫の川添さんは、風吹さんと
結婚する前に2度の結婚と
離婚歴がありました。
 
 
 
その上、風吹さんと結婚してからも浮気を
繰り返したり、風吹さんと離婚してからも
すぐに別の人と結婚したり・・・”(-“”-)”
SnapCrab_NoName_2015-12-9_15-8-24_No-00
 
また警察にお世話になるような
大変な事件もありました。。。
 
 
 
その他、万引きなどもあったようです。。。
 
 
 
大変な元だったんですね(T_T)/~~~
 
 
 
若い頃から、風吹さんは苦労して
きましたが、ここでも大変でしたね。
 
 
 
最後に関西弁について!
 
風吹さんは、京都にお兄さんと一緒に住んで
いたことがあるので、関西弁
普通に出てくる言葉でしょうね。
 
 
 
「13歳のハローワーク」やNHK大河ドラマ
「風林火山」では、関西弁の演技が
すごくよかったですね。
SnapCrab_NoName_2015-12-9_15-7-46_No-00
 
今放送中の「あさが来た!」も関西弁です
から、風吹さんにぴったりの役ですね。
 
 
 
風吹ジュンさんの安定した演技や
話しぶりは、すごいですね。
 
 
これからも風吹ジュンさんの
演技を楽しみにしています(^◇^)
応援しています!
 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ